メルカリ出品で迷うのが梱包方法です。

人によって簡易包装の捉え方が違いますので、自分は良いと思っていても相手には雑に梱包されたと思われるかもしれません。

200件以上取引をしてきた私の観点から、トラブルを避けるためにも最低限気をつけたい梱包方法をまとめましたのでご参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

基本の梱包方法

梱包方法の基本は商品自体を袋に包み、外袋もしくはダンボールや封筒など紙袋での二重梱包が普通です。

外袋が破れたり、濡れ防止のために商品はビニールで包みましょう。

外袋がビニールでも二重に包むのが一般的で、当然包まれていると考えている人が多いです。

また、袋に包まれず、外袋に直接入っていたと苦情のコメントを残している人も結構見かけます。

基本はこの2重梱包方法で包むのが一般的とされます。

梱包する際の注意点

二重に梱包したからと言って、外袋がなんでも良いとは限りません。

中身が分からないように、外袋は透明ではない梱包袋や紙袋、ダンボールを使用しましょう。

中身が見えない状態で送ってほしいと考えている人や、それが当たり前と考える人もいます。

購入者へ最低限の配慮が必要です。

通販サイトで購入して、一度も中身丸見え状態で届いたことは無いので、普通だと考えるのは当然かと思います。

スポンサーリンク

梱包資材は何使えばいい?

梱包用の袋は基本的に家にある物で大丈夫です。

例えば私の場合ですと、通販サイトで服を購入した際に包まれていた透明ビニール袋を残しておいて、それを商品梱包の内袋に使っています。

外袋は通販サイトで購入した時の外袋が結構丈夫なので、それを残しておいて使っています。

なので通販サイトをよく利用する人はその梱包資材を残しておくことをお勧めします。

プチプチなんかも家電等を買った時に大きいものが入っているので、それを残しておけばわざわざ購入しなくて済みますし、費用も節約できます。

梱包前の最終チェックについて

梱包する前に最低限、商品に髪の毛やゴミなどがついていないかチェックすべきです。

また、梱包袋にもついていないか注意しておきましょう。

髪の毛が入っていたとのコメントもちらほら見かけます。

そこまで神経質になる必要は無いですが、気にしない人でも良い気分では無いので、最低限のマナーとだけ心に止めておいた方が良いです。

梱包前にさっと確認をするぐらいで大丈夫かと思います。

まとめ

梱包の袋は家にあるものを再利用で大丈夫です。

最低限の配慮として中身が見えないように、また髪の毛等がついていないかチェックをしておくこと。

梱包の袋は二重にして、濡れ防止のため内袋はビニールにしておくこと。

これらを気にしていれば悪い評価をつけられることは殆どないと思いますので、実践してみて貰えたらと思います。

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事