おしゃれが大好きな女性は色々な種類の靴を履きますよね?ヒールの高いもの、先が細くなったもの、スニーカー、ブーツ、等々、、、

店頭で購入するときも普段Mサイズなのに売り切れでSかLしかないと言われたりしたら、

『まぁ、、1サイズ違いなら何とか履けるかな?』

『少しきついけどこのデザインが他にないし、、、なんとか履こう』

など、軽く考えていませんか?

私も自分に合うサイズがなかなか無くて、いつもサンダルかブーツに中敷きを2枚ほど入れて履いていますが、パンプスを履こうと思ったら、多少サイズを我慢しなくてはいけない状況でした。

ヒールやパンプスが履きたくなる時期がありまして、ずっと履くようになったらある時から親指の爪が皮膚に食い込むようになり、ひどいときは痺れて感覚がなくなるときもありました。

これは放っておいたら大変だと思い、その場しのぎでティッシュを詰めて爪が当たらないようにしていましたが、もちろん外れるし、爪が元に戻ることはありません。

色々調べて病院へ行くということも考えたのですが、 自宅でできることをしてそれでだめだったら行こう と思い、実際に対処できたのでその方法を書いていきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

使用した道具

 

今回私が使用したのはこの巻き爪ブロックです!

爪の端と端に引っかけて爪をまっすぐにするものです。詳しい使い方の動画も載せてくれているので分かりやすく、手間がかからないのでとても楽に使用できます。

サイズは?

サイズはSS、S、M、Lあり、そして巻きの強さによって強制の強さも選べます。

以下表を参考にサイズを決めてください

スポンサーリンク

初めはどれがいい?

ノーマル、ハード、スーパーハード、ウルトラハードがありますが、はじめはノーマルがお勧めと書いていたのでノーマルを使用したのですが、サイトに載っているほど酷く巻いてはなかった私の爪にも全く効かなかったので、いきなりハードでも大丈夫かと思います

ノーマルとハードのSサイズを買いましたがハードの方はかなり効きました!しっかり爪がバネの力で上に上がり、痛みもなくなりました!

お風呂上りに着けて付属のテープで固定し、そのまま日常生活をするだけです!!

個人差はあると思いますが、ハードから利用されることをお勧めします!

巻き爪にならない為には

一番の原因は爪の切り方です。

Uの字に切ってしまうと 皮膚がを支えることができなくなり、皮膚が盛り上がっていき、の縁が食い込んだ状態になっていきます。出来るだけまっすぐ切るようにしましょう。

親指専用の爪切りも売っていますのでこちらを使用するのも巻き爪を防ぐ良い方法だと思います。

 

使いやすいのでお勧めです。

今後巻き爪にならないためにも一つ家に置いておくことをお勧めします。

歩き方にも原因が?

合わない靴を履いたりして指先に重心のかからないような歩き方をしていると、足の指が地面から浮いた状態になり、 「広げる力」 を弱めていってしまいます。

まとめ

爪を切る時には十分注意し 、自分に合った靴を履き、 指にも重心がいく歩き方をできるように心掛けることで、巻き爪を防いでおしゃれを楽しみましょう。

たかが巻き爪、、、などと軽く考えていると、私のように痺れて感覚がなくなったりしてしまいますので早めの処置をお勧めします。

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事